たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

忌々しきクソゲーで今年も黒鯛をゲット

  • 20140817K-1.jpg
  • 20140817K-2.jpg

近場では魚影が著しく薄く(忌み地矢作川での死をも厭わぬ入水組エリート様を除く)、また根掛かりなどでカネをドブに捨てる釣りという認識のクソゲーで今年も何とかゲット。もうクソゲーに思い残すことはありません。


潮位の関係でエサの自己採取が困難で、釣具屋で買うのはもったいない(500円分では1.5時間前後しか持たずコストパフォーマンスが悪い)こと、天気が不安定なこと、パソコンを持ち歩かないと逝けない事から、前打ちは取りやめ。

ただ、現実逃避は必要不可欠なことから、カネドブを承知の上で久しぶりにクソゲーへ。


現地着後まずは2.5gのジグヘッドにインチホグで・・・3投目でロスト・・・ほんと、頭オカシイ・・・。

飛距離は諦めて1.8gのジグヘッドに変えて続けたところ、タックルバランス的に丁度いいのか、ロスト無く底を探れることが判明。しばらくしたところで妙な反応があり、セイゴか何かかと思いきや、ちっちゃなマゴチをゲットしてボウズ逃れ。

引き続き投げていると、極まれに反応が。それっぽいアタリの後でワームだけ取られてたり、ガガッというようなチヌ系の前アタリ的な反応があったりと、食いが浅く本アタリまで至らないようだけれども、一応狙いの魚は居そうな感じ。

過去の少ない実績上、日没前後が勝負だろということで諦めずに投げ続けたところ、日没後にひったくるようなアタリ。途中ラインを出されるもロッドパワー的に問題なしということで無事タモ入れ。

正体はメタボ体型な35,6cmくらいのクロダイ様。エサを食い過ぎなのか、腹が異様なまでにパンパンにふくれあがってました。


リリース後も2匹目を期待して投げ続けるも、そんなうまくいくはずもなく、暗くなってからは全く反応がないため諦めて終了・撤収。


総括。
カネドブな釣りの認識に変わりはないですが、タックルバランスやら使うルアーやらを考慮すれば、ロストを少なくすることは出来そう。ボンボン系のルアーではなく、ジグヘッドに徹すれば更にロスト額の抑制に寄与しそう。

とりあえず、昨年晩秋に購入して(近場の根魚が超絶不調で)使う機会が無かったライトゲームロッドのルナキアマグナムですが、0.6号PE、2.5号リーダー、1.8gジグヘッドでロストすることもなく快適に使用できました。

今シーズンも近場でクロダイが落ちるまであと3週間といったところですが、カネドブを承知でまた逝くかもしれません・・・。

場所 忌み地以外
日付 2014年08月17日(日)
時間 17:15~19:15
天気
風向
波高 静穏
潮汐 小潮
釣果 クロダイ様(35,6cm)×1
ちびマゴチ様×1
(全リリース)
タックル Lunakia magnam LKM82M
12 Vanquish C3000SDH
費用 ガソリン代 690円
ロスト チヌヘッド 2.5g×1
撮影