たけのこめばるどっとねっと

無理・・・もう無理・・・

いつもの場所から魚影が消えるも別の場所で・・・

  • 20181216N-1.jpg
  • 20181216N-2.jpg
  • 20181216N-3.jpg

モエビ獲りの方に案内してもらい別の場所に移動したら、クチボソがウジャウジャ。数は少ないがフナやタイリクバラタナゴも居るようです。

ということで、久しぶりに穏やかな天候だったため、いつもの場所へ。

水温もだいぶ下がり、まだ釣りができるかなと用水路を見るも、魚影が全くない。あれだけいたオイカワもタモロコも・・・全部・・・。

トンネルポイントはゴミだらけで水中の状況が分からず。支流のマスで数匹目視できたため一応釣ることはできたが、どうも時期的に終了っぽい・・・。

帰るしかないかとげんなりしていると、モエビ獲りの常連さんと遭遇。話によると別の場所に小魚がたまってて、エビを採ってるとフナや小魚、平べったい魚が採れるよとのことで案内してもらうことに。(平べったい魚が気になるが・・・どう考えてもタナゴなわけで・・・)

現地に到着し、タモでガサガサするのを見ていると、大量のクチボソとまれにフナやタモロコ。タイバラの数はかなり少なそうだが、一匹実物を確認したため、パッと見二枚貝が生息してるようには見えないが、タイリクバラタナゴが生息しているのでしょう。

水が濁りまくりで水中が見えないため、ウキ仕掛けに替えて始めると、ものの数秒で反応があり、難なくクチボソゲット。その後もほとんどがクチボソで、まれにタモロコといったところ。

タナゴを狙って釣るのはどうも無理っぽいが、小物釣りに行くことがあれば、継続調査の方針です。(もしかしたら秋ならヒラを打つ姿が確認できたかもだが・・・どうだろ)

場所 西尾市西部
日付 2018年12月16日(日)
時間 13:30~15:30
天気
風向 静穏
波高 --
潮汐 --
釣果 クチボソ×25程度
タモロコ×5程度
タックル 雪月風花『春』1.5m
市販クチボソ仕掛け
極タナゴ
費用 500円
ロスト --
撮影
コメント
名前

コメント(使用禁止:<>&=~/*%半角SP)

※コメントは最大全角200文字まで