たけのこめばるどっとねっと

昼食238円生活も慣れれば大したことないね(カロリー補給活動でしかないけど)

2012年03月03日(土)

なぜ反応が無いのか??

20120303-1.jpg
魚が釣れなかったのでキワモノなワームでも(どう使うのだろう)

南知多まで行ってボウズ喰らうとか、マジ勘弁・・・。

強風予報で微妙ではあるものの、ここ最近暖かくなってきたのもあって、根魚上向きを期待して自宅を15時前に出発。

実釣開始は16時前から。北西強風ではあるものの気温的に以前ほどの過酷さはなし。ただ、3.2インチパルスワームで探って見るも、反応無く時間だけが過ぎ、結局19時20分までやって断念。

魚の反応はおそらく1回だけ。開始後しばらくした16時20分前後で、反応が無いのでスマホでWebを物色しながら適当に探ってると、不意に重みのあるアタリが・・・。当然、ワンテンポ・ツーテンポと対応が遅れるわけで、既に根に潜られてしまい・・・。

薄暗くなってからも生命反応が無く、他にエサ師やベイトで根魚狙ってるルアーマンが見えましたが、釣れてるように見えなかったのですが・・・(釣れてたのかな??)。


明日は夕方から雨予報・・・どうなることやら。

2012年03月11日(日)

強風のち雨・・・魚はおらん

20120311-1.jpg
ボウズ喰らわなかっただけマシかなと

相変わらずの強風予報ではあるものの、折角の週末なので・・・ということで、南知多方面へ強行。

気温は冬場と比べればだいぶ高くなっているものの、風強すぎ。無風、もしくは微風な状況下で釣りがしたいです。(週末の夕方はずっとこんな状況のような・・・平日やら夜釣りやらはやる気無いですので・・・orz)

ともかく、わかりきったことですが、明るい内は何をやっても無駄。捨石やら海藻やらがごろごろと入ってるエリア内で、どこに投げても何の反応も無く、ぶっ込みのエサ師も反応無い模様。

日が落ちるのもだいぶ遅くなってきて、結局薄暗くなった18時15分すぎに2回だけあたりがあり、内1回引っかけるのが限界。

天気予報のとおり、18時30分すぎくらいからパラパラと雨が降り出し、40分にはそれなりに降ってきて即終了。帰りにコンビニに寄りつつ、19時からモヤさま(モヤモヤさま~ず2)を見ながら聞きながら、帰途へ。


●雑感
あいかわらず釣れん・・・。場所が悪いのか、何なのか。
今週もまだ寒そうなので、数釣りできそうなのは下旬以降なのかな。温排水エリアでのクロダイ云々も気にはなりますが、まぁ、どうしましょ・・・ということで。

新リールについては、使用回数を重ねてギアが馴染んできてきたのか、シマノっぽいヌメヌメさが巻きの軽さに加わって、(プラシーボかもですが)気持ち安定してきたような気がします。

WX8は値段相応のラインということは認識。パワープロの0.7号や、G-Soul PEの0.8号では、根掛かった際リーダー結束部でブチブチ切れてましたが、今のところ結束部で切れることはありません。

AR-Cライトスプールの効果もあってか、キャスト時にスプールを押さえてる左手中指にラインが当たったり、ロッドにラインが当たることが無くなったことについては、リール・ラインとも素直に評価できます。

ただ、WX8でもヘタクソなこともあって、ライントラブルはゼロではなく、巻きすぎの状況下では、ダマが出来たり、ラインがドバッとでる現象は再現しました。

原因は巻きすぎと根掛かってオモリをロストしてラインを巻き取る際、テンションを加えずにスプールに巻くことで・・・というヤツです。08-200の夢屋スプールを買えば150m巻きのラインがトラブルなく丁度よい案配で巻けて使えるのでしょうが、それだけに1万円を投入するのは考え物ですし・・・。

2012年03月17日(土)

釣れなさすぎて記事にするのも萎える

20120317-1.jpg
小さすぎて~~~むなしさが~~~こみあげる~~~

何がいかんのでしょうね。
あまりに残念なので記事にするのも止めようかと思うも、一応データベースとして記録しておくことにします。

昼過ぎから雨が上がり、雨雲予報をみても大丈夫っぽそうだったので、17時15分頃現地開始で南知多方面へ。

風は微風で釣りやすいものの、魚の気配はまるで無し。

結局、18時前にフルキャスト後のフォール中にプルプルアタリがあって極小のタケノコを1匹引っかけただけで終了。アタリっぽいのは、他に1,2回これまた極小なやつがあっただけ。20cm前後のサイズはどこかに移動してしまったのか???

丁度その頃にメバル狙いのエサ師が登場するも、反応がないみたいで、小一時間ほどで撤収。(他の場所も全然ダメとのことで、こちらにきたようですが・・・)

西堤無き今、どこまで南下・西進すればよいのだろうか・・・。
(三河湾釣れる気しないですし・・・)


●ネタが無いので3.2インチパルスワームでも
とりあえず、クリアシラス(半透明でラメの入ってるやつです)を調達できたので、初投入。

・・・やわすぎる・・・。

モエビカラーも柔いですが、それ以上かもしれません。
ダウンショットでフルキャストするようなケースでは、フックからずれてしまったり、Gに耐えきれず(んなわけないでしょうが)ブチ切れて海の藻屑となったり。

見た目からは、かなり釣れそうな感じがするのですが、ジグヘッドなどでやった方がよいのかも・・・。とりあえず、タンクヘッドで近日試してみます。

2012年03月18日(日)

今日も釣れなさすぎて(以下略

20120318-1.jpg
ちびっこその1・・・何とかボウズ逃れを達成
20120318-2.jpg
一応測ったら21cm程度はありましたが・・・なんとも

18日も昼前から雨が降り出して微妙な天気なわけですが、まぁ大丈夫でしょうということで、前日と同じ場所にて16時45分頃から開始。

状況は前日と何ら変わっておらず、18時以降にごく希な頻度で反応が出だし、19時前までに3匹ほど。(10cmちょいのちびタケノコ、10cm程度のちびタケノコ、21cm程度のタケノコで打ち止め)

その後場所移動を試みるも、良さそうな感じはあるものの、どういう訳か生命反応が全く無く、20時には諦めて終了となりました。

どこに行けば釣れるんでしょう・・・。贅沢は言いませんが・・・。
さすがに、こうも毎回南知多まで行くのは、体力的に、金銭的(?)に結構シンドイので、火曜日の祝日は30分圏内の気になる場所の様子見でも。釣れるのか分かりませんが・・・。
(さすがに、レギュラー150円越えてしまい萎えた。このまま170円くらいまで行きそうな気がしてしょうがない。ガソリン値下げ隊(wikipediaリンク)はなにをやっとるんだ・・・ちゃんと仕事しろ・・・とおもったら、震災の財源云々を言い訳に撤回してたのね・・・使えねぇ・・・)


●ネタ切れなので、缶コーヒーでも
釣り帰りにコンビニによってホットの缶コーヒーを買うわけですが、ブラックの缶コーヒーであれば、ポッカのアロマックス クオリティーブラックが最高です。どれくらい最高かというと・・・すぎたで箱買いする位です。

ただ、コンビニには大抵売ってないので、仕方なく他のメーカーから選ぶしかないわけですが、その中ではサントリーのボス シルキーブラックが一番おいしいような。異論は認めますが。

結局のところは好みによるところが大きいのでしょうが、個人的にはコカコーラ社のジョージア ヨーロピアン コクのブラックは口にあいません。他に選択肢が無ければ買いますが、正直微妙なまずさです・・・(´・ω・`)


2012年03月20日(火)

強風なためやむを得ず14号地にでも

20120320-1.jpg
魚居るとは思ってなかったため、不意にスマホで激写
20120320-2.jpg
15cm程度のちびですが、先ほどよりは・・・まぁ14号地ですし

夏場の前打ち以来、半年ぶりくらいの14号地ですが、奇跡的に釣れました。

穴釣りですが・・・

風さえ弱ければ、自宅から30分圏内の新ポイント(知多半島)の視察にいくつもりが、あまりに強風なため断念。最近全くもって情報のない14号地(所要時間は20~25分程度)へ。

製造業が稼働日なため、タイミングが悪いと道路が混むことから、自宅を17時前後に出発し、17時30分から開始。

現地の状況は・・・釣り人が遠くに1名見えるだけ。

とりあえず、パルスワーム3.2インチ(前々回の釣行時に使ったヤツ)のダウンショットで開始するも、早速プシューという音とともにメリ夫登場。・・・仕方ないので穴釣りに。

しばらくすると魚っぽいプルプルアタリが。一回目は乗らなかったのでもう一度同じ場所で底を叩いてるとフックアップ。で、12cm程度のちびゲットでボウズ逃れ。

その後も穴打ちをつづけると、ごく希に魚っぽい反応はあるものの、極小サイズがしっぽを噛んでるだけのようで、あわせてもフックアップしないわけで。

薄暗くなってからも飽きずに探り歩いてると、先ほどのとくらべて多少ましな重量感があり、15cm程度のちびタケノコゲット・・・。

暗くなって穴釣りが困難になったため、キャストして探ってみるもアタリなんぞあるわけなく、根魚が動き回ってるような感じが全くしないので、18時55分までやって断念、撤収しました。


一応14号地にタケノコが棲息してることを確認できたのが収穫・・・ではありますが、正直、穴釣り面白いかと言われると・・・。今年は(桜の開花予報等から判断して)1週間くらい季節が遅れているっぽい(?)ので、4月に入ってからじゃないとダメなのかなぁ・・・。

2012年03月22日(木)

ダウンショット・・・バレる頻度が高くないですか?

20120322a-1.jpg
20cmちょい(一応計測)が顔をだしてくれてボウズ逃れ達成
20120322a-2.jpg
21.5cmくらい。J州屋のポイントでメジャーを買ってたのでした。

予報どおり風が強く釣りをするのは躊躇するところですが、明日から雨予報で折角の有給がもったいない・・・ということで、南知多へ強行。

まずは毎度のポイントに到着するも、北風がかなり強く、海はザバザバ、堤防に立って釣りするのはどう考えても無理・・・ということで、多少はマシと思われる場所へ移動。

実釣開始は17時頃。釣れるのか良く分からないため、とりあえず近くの沈み根を探ってると、しばらくしてコツコツ系のアタリが。極小サイズっぽい感じだったため、送り込んで様子を見るも、見切られてゲットならず。

近くの沈み根では反応がないため、フルキャストして探ってみるも、海藻などのゴミが引っかかりまくりで釣りにならず。当然魚の反応は無し。

薄暗い時間帯にも全く反応が無く(満潮潮止まりというのもあるのでしょうが)諦めモードに突入するも、暗くなった18時30分頃にやっと反応が。フルキャスト後にリフトフォールで手元に寄せる際、上述の近くの沈み根あたりでツンツン系のちっちゃいアタリがあり、20cmのタケノコを無事ゲット・・・ボウズ逃れ達成。

その後しばらくして、19時頃に根も無さそうな遠くの方でツンツン系のちっちゃいアタリがあり、難なく21cmのタケノコをゲット。

更に行けるかと何度も周辺を探ってみるも反応が無いため、19時すぎに場所を少し移動。

沖にある根に向かってフルキャストしてリフトフォールで探り始めると、またまたちっちゃいツンツン系の反応があったため、(電撃合わせだとすっぽ抜けそうだったので)十分に送り込んだ後でアワセを入れて、根から離すべく手元に寄せたところ、結構な重量感!!
25cm以上ゲットを確信するも、寄せてる最中に針が外れてしまったようで軽くなり終了・・・。マジ勘弁(ノД`)。

これまでも何度かあるのですが、ダウンショットでやってると、(ちび~20cmちょい程度は特に問題ないのですが、それなりな重量感がある魚に限って)フックが外れることが多いような気がします。

フックサイズが魚に合っていないことや、仕掛けの形状から針がかりが甘い(または、外れやすい)ことが有るのでしょうが・・・どうすればよいのでしょうね・・・。

2012年03月25日(日)

爆風なので夕方14号地で少しだけ

20120325-1.jpg
テトラの穴以外反応なしで、投げても無駄・・・orz

四連休もこれで終わり・・・。
結局天気も微妙で、ほとんど引きこもり状態でしたが・・・。

とりあえず、北西の風があまりに強いので、風裏になる14号地で穴釣り。もやさまが見たいので18時30分には撤収予定で開始。

結果は・・・極小あたりが2回あって、1ゲット。
相変わらずの極小ロリサイズ・・・まぁ・・・こんなもんですよね。
(#2のオフセットフックに3.2インチパルスワームではしっぽを噛まれるだけの極小アタリだったので、仕方なく#6の細軸フックにガルプのジギンググラブ1.5インチを使うという残念仕様で何とか1匹でした・・・)


また次の週末に頑張ります。