たけのこめばるどっとねっと

昼食238円生活も慣れれば大したことないね(カロリー補給活動でしかないけど)

2013年03月10日(日)

情弱なカモなので釣られて週末が終了

20130310-1.jpg
MKリグで初ゲット…前日喰らってるのでちびでも嬉しい
20130310-2.jpg
カモすぎて在庫がヤバイことに

<8日>
金曜日の仕事帰りに久屋大通の釣具屋に寄り道して最近入荷したらしいボンバイブとかいう怪しげなちっちゃいバイブレーションを購入。正直、釣れるのか分かりませんし、これでなければならない理由も現時点ではありませんが、小型で重量がそんなに無く、よい感じに動いてくれることを期待して・・・。

スタッフブログ見た限りだと、塗装からハリ取り付け、パッケージングまでは国内でやってたみたい。定価997円というのはやむを得ない価格設定か。


<9日>
翌土曜日は予告どおり上重原のドミー店舗内に出来たイシグロへ突撃。西三河地域への出店攻勢もこれで一段落?

売ってる物は同じイシグロの他店(西尾、岡崎、鳴海あたり)と大差は無いですが、相変わらず小物から大物、エサ・ルアーまで一通り揃ってる感じで好印象。ただし、特に必要なモノも無いので、適当に安売りしてたジャッカルのベビードラゴンなどを買って撤収。

で、夕方から三河湾の近場に釣行。

ここ数日暖かい日が続いたため、簡単に釣れるんじゃねと考えるも、現実は非情。夕マズメにガルプのパルスワームを投入して叩くも、ノーバイト喰らった上に、ライントラブルで強制終了。30m以上をロストするとかマジ止めて・・・。


<10日>
翌日曜日は、寒冷前線が通過する昼過ぎから強風が吹き出し、しかも気温が下がって寒く・・・。とはいえ、予報ほどでは無さそうだったため、また近場の三河湾へ。

苦闘の末、反応があったのはだいぶ暗くなってからの18時15分からの5分間くらい。魚のサイズも小さいようで、当たっても乗らないとか、乗っても途中で外れるとかそんなのが数回あった後に、なんとかちっちゃいタケノコ様をゲット。

その後も頑張るも、全く反応無く19時前に終了し、もやさまを聞きつつ撤収。結論的には・・・まだ三河湾の浅場は冬っぽいです・・・。はやく日中でも釣れるようにならないかなぁ。


2013年03月16日(土)

釣れない14号地の情報でも

20130316-1.jpg
14号地イメージ画像(いつ撮ったものか不明)

北西の風が強く、花粉も酷く、黄砂っぽい何かも飛んでそうで非情に環境が悪いことから、最近全く釣果情報を見かけない14号地へ釣行。

まずは、穴釣り。

執拗に探ってれば反応はあります。が、あまりに小さいようで、全くハリに掛かりません。パルスワームの3.2インチじゃそりゃ無理だわなとインチホグまで投入するも、やっぱりつつかれるだけ。論外。5cm前後のでも居るんじゃないでしょうか。

日没後は海藻が茂ってるのもあって全く穴が認識出来ないため、沈みテトラの奥をキャストで。・・・風強すぎて何やってるかわからん。釣れる気もしないし、あまりにつまらないので早々に撤収しました。

<今日の収穫>
MKリグ使って前打ち/落とし込み竿で穴打ちすると、激アツな予感が。1.5号じゃ重すぎるので、0.8号前後あたりがよさそう。今シーズンは砂カニ使い切ったらワーム使って根魚やらクロダイやらを狙ってみたいと思います。

ただ、オフセットフックでクロダイを引っかけるというのがどうにも理解出来ないところですが、テキサスで逝けるんだから何とかなるのか。聞き合わせして電撃フッキングでもすれば・・・。

2013年03月19日(火)

午後休暇をぶち込んで南知多へ・・・相変わらず渋い

20130319-1.jpg
久しぶりなタケノコ様・・・ガツンと来たときはびびった
20130319-2.jpg
結局これ1匹で終了・・・明日の南知多再凸は多分無いです

手持ちのタスクが片付いたので、午後休暇をぶち込んでお休み-。明日20日は祝日で休みなので、1.5連休です。

潮位は低いわ、潮は動かないわでどう考えても近場の三河湾では釣れる気がしない(というか、釣り自体が困難では)ので、高い金(主にガソリン代ですが)を払って南知多方面へ。激しく負けた気がします。

とりあえず17時頃から開始するも、当然の如く何の反応も無い。潮位も低くやりにくいことこの上なし。。。

淡々と探ってると、18時前のまだ明るい時間帯にガツンという強烈な反応があり無意識にあわせてゴリ巻き。やりとり中も結構よさげな重量感だったので、これは良いんじゃねと期待するも、水面まで上げたらおとなしく。

ごぼう抜きで水揚げしたところ、正体は25cmのタケノコ様(今回は計測)。薄暗くなる夕マズメ前の反応だったので、これは貰ったか・・・とおもったら、その後反応激少。

相変わらずワームのしっぽに噛みつくだけとか、ちっちゃすぎてハリが外れるとかそんなのが2、3回あっただけで日没後は完全に沈黙。

19時に別の場所に移動するも反応無し。電気ウキで流してるエサ師も釣れてる気配無かったし、無理ゲー確定なため20時前に終了、撤収しました。


<関係無いけど・・・不審者情報・・・(ノД`)>
武豊の駐在署あたりで、チャリに乗ったガキ(♀)がケータイ(スマホ)落としたのを見えてしまった&落としたのがスマホであることを確認してしまったので、車の窓開けて教えてあげたけども、これ、へたすりゃ不審者情報に祭り上げられるよな・・・。

突然オッサンが車からケータイ落としたよと声かけしてきたわけで・・・。

良心の呵責に苛まれる(?)ところですが、厄介事に巻き込まれたくないので、今後は見ざる聞かざる言わざるということで、完全スルーで行きたいと思います。

2013年03月24日(日)

【横浜】フィッシングショー総括【後悔】

20130324-1.jpg
カタログ類の入手は必要最小限に・・・

横浜のフィッシングショーに行ってきました。

内容があまりにアレなため、テキストを見直して再公開します。ネガティブマインドは変えられませんので、ガンガン逝きますが、関東圏の開催なら、もう逝きません・・・(ノД`)。

なんやかんやで出発が遅れ、会場入りしたのは9時40分前後。桜木町駅からがまず遠すぎ・・・。徒歩20分くらいとかどんだけハードなんだよ。

軟弱者なので、結局バスに逃げました。

ちなみに、桜木町って、あの桜木町なのね。山崎まさよしの『One more time, One more chance』の歌詞に出てくるアレ。『秒速5センチメートル』のアレ・・・。


以下、雑記を列挙します。

<シマノブース>
話題の新作?な『ナスキー500HG』をチェック。使い道が全く分かりませんが、ネタリールとしては欲しいかも。(500番のスピニングリールって、ホント何に使うんだろうか)

ちなみに、村田基氏の周りには人がいっぱい居ました。人当たりの良さそうなオーラが漂うも、デコが広がってて泣けた。


<ダイワブース>
13セルテートを少しだけいじってみたけども、確かに値段相応な感じ。カーボン系にしてはちょっと重めなのが難点か。

前打ち/落とし込み用のドラグ付きタイコリール『BJ75D』もいじってみたけども、軽すぎ。ただし、あの意匠がやっぱり受け付けないので、手持ちのを使い続けます。


<テンリュウブース>
ルナキアマグナムというロッドがとあるブログで紹介されてたためチェック。

どうもシーバスやらクロダイやらも見据えたメバル竿らしい。手に持って適当に振ってみた限りだと、ティップ側は繊細で柔目なのに、バットがガチガチ。スタッフの人にティップ側を押さえて貰って、両手でグリップを握って持ち上げてもびくともしないとか。

【追記:2013/11/25】
悩みましたが、中層~底を1.5~3gぐらいのジグヘッドで探って近場のちっちゃいソイ・カサゴ系根魚、クロダイでの使用を想定してルナキアマグナム(LKM82M)を購入しました。2013年11月23日 以降の根魚ルアーは本ロッドがメインとなります。

ゴロタや2号くらいのナスオモリでダウンショットで底を狙う釣りはルアーチヌ用のロッド(LUXXE CHINU 77ML)を利用して棲み分けます。吉と出るか凶と出るか正直分からんですが。


<その他>
エコギアブースとか、アイマブースとか、ラパラブースとか、よつあみブースとか、ざっとカタログを入手しつつ見てきました。

エコギアブースでは、個人的に何が面白いのかさっぱり分からないエギング解説を見物。エギのカラーも反応に差は出るようですが、根本的には場所次第、ピンポイントにここじゃなきゃ釣れんというような世界だそうな。

アイマブースでは、チヌ用ポッパーを見てみたけども、結構安っぽそうな感じでがっくし。実物はどんなんだろうね。そもそもトップでの釣り方知らないから関係無いけども、河口域の朝マズメに入水してトップで云々というのは聞いたことあるけど・・・。

ラパラブースでは、キーホルダーになるルアーをカタログと共に500円で購入。2010年はCD7だったのに、2013年はBX Minnow 10でした・・・。バルサをプラスティックで覆ったルアーみたい。

よつあみブースでは、カタログを無料配布してたのでゲット。ライン屋としてのコラム記事(?)など参考になりました。


<総括>
フィッシングショーだけが目的であれば、大阪の方が断然よいです。理由は次のとおり。

・関東圏では新幹線で行くのにあまりに金がかかるし、遠い
・出展企業がトータルで見ると微妙っぽい気がする
・会場が狭い(小間の間隔が狭い)気がする
・人多すぎ
・問屋による物販ブースがない

周辺での観光も兼ねる(あらかじめ計画の上で泊まりがけでいくとか)のであれば、横浜の方が良いかとおもいます。みなとみらい地域も観光地いっぱいあるし、東京まで行ったとしてもそう時間掛かりません。

ということで、一体何しに逝ったんでしょうね・・・。なんやかんやで投入した3万弱の金を他事に使った方が幸せだったんじゃないかなと思えてきます・・・。

2013年03月27日(水)

続・・・釣れない14号地の情報でも

20130327-1.jpg
14号地の公園の桜・・・いわくつきらしいので夜は怖いよ

インチホグのガルプSW版が市場に出だしたみたいですね。
インチホグ愛好家としては、非常に入手したいところですが、緊縮策展開中なため自重します。釣具屋に行っては負けだと・・・。

27日は休暇だったため、夕方前から南知多の西側(空港島ぢゃないよ)にでも行こうかと考えるも、時間が経つにつれどうでもよくなっていき、夕方には完全にやる気がなくなり、最終的には釣りに行くの止めようかとまで。

仕方が無いので、ガソリン代が最も掛からなくて、極小でもいいので何らかの根魚類が釣れるであろう14号地へ。(まぁ、14号地でも概算で40km前後、770円前後も必要だが・・・忌むべきクソゲーシーズンまでにはガソリン代下がってほしい・・・)

で、開始早々に雨が。またか・・・相変わらず呪われてるなぁ。

現地は・・・大潮の満潮潮止まりで風はほぼ無し。ボラとかウミウシとか、そう言った類の海中の生命感も全く無し。潮止まりでも夕マズメならなんとかなるだろとセコくインチホグで穴釣りするも全く反応無し。

18時すぎからはグラスミノーMで沈みテトラの奥を叩いてみるも全く反応無し。18時30分すぎまでいろいろやってみたけども、しっぽすら噛まれずに終了。

一体どういう事だ、これ・・・。
いくら潮止まりで、いくらヘタクソでも、夕マズメにこれはねぇよ・・・。

18時40分頃には雨が本降りになってきたため、逃げるように撤収・・・もうこんな場所来ねぇよ・・・(ノД`)。

時期的には、極小ロリタケノコ様がワンキャストワンゲットな時期で間違ってないはずなのに・・・もう訳分からんです。

2013年03月31日(日)

うまくいかない・・・仕方ないね・・・

20130331-1.jpg
アタリはあっても掛けられない・・・もうだめっぽい

だめっぽい。

ロストが少なかったのは幸いだけれども。

魚はともかくとしても、念願のアレも入手できず・・・無念。

午後から雨で風が強くなるみたいだけども・・・どうしようかな。
どうせ食らうだけだろうけど。

昼から一眠りしたら、もう動く気力がおこらない・・・ということで、釣行はまた次の週末。。。